便秘解消のために意識したい事

便秘解消のために意識したい事

便秘になると非常に苦しい思いをします。

 

出ないという事ももちろん苦しいものではあるのですが、出る時にも大きなダメージを受けることがあります。

 

そのため、できるだけ早く便秘解消のための行動をしていきたいものです。

 

まず意識したいのが、水分をきちんととるという事です。

 

水分が少ないと便は硬くなり、出づらくなります。

 

水分が多いとスムーズにお通じが来ることも多く、便もやわらかくなるため出す時のダメージも最小限に抑えられます。

 

便が硬くなりがちな方ほど、水分補給をきちんとしてみましょう。

 

夜寝る前や朝起きた時など、コップ一杯の水をプラスしてみるとよいでしょう。

 

徐々に効果が表れてくるはずです。

 

また、少し運動を取り入れるという事も意識していきましょう。

 

仕事などで同じ姿勢を続けていると、体全体の循環も悪くなっていきます。

 

それが便秘の原因にもつながる可能性があるのです。

 

余り運動をしていない方は少し歩く程度でも便意が出てくることがあります。

 

いつもの道をちょっと遠回りしてみる、散歩してみるなど、無理ない程度の体の動かし方をしていきたいものです。

 

こうしたことに気を付けながら生活することで、便秘解消を実現することが出来るでしょう。

かなり手ごわい子どもの便秘解消方法

 

意外と知られていないのですが、子どもは大人よりも便秘になりやすいのです。

 

また、大人の場合は下剤などを使えば便秘を強制的に解消することができますが、子どもはあまり強い薬は使えないので、便秘解消方法は限られてきます。

 

もちろん子ども用の便秘薬はきちんとあります。

 

ドラッグストアなどのベビー用品コーナーには子どもようの浣腸が売っていますし、飲み薬もあります。

 

飲み薬はマルツエキスが最も有名でネバネバした感じの薬なので、飲むのを嫌がる子どももいるかもしれませんが、効く子には効果があるので、試す価値はあります。

 

また子どもの便秘解消の対策として、オリゴ糖も有名です。

 

オリゴ糖もドラッグストアやネットなどで簡単に手に入ります。

 

ヨーグルトやミカン、リンゴなど便秘解消には様々な方法がありますが、すべて試す価値があると思います。

 

どの方法がその子に合っているのかが分からないので、色々試してみて合っている方法を根気よく探すことが大切なのです。

 

また、食後やバナナなどのお通じがよくなる食べ物を食べたあとで肛門のあたりをぐりぐりと刺激すると便意を感じてそのままうんちがでる場合もあるので、おすすめです。

 

子どもは筋力が大人に比べて弱く、どうしても踏ん張ることができないので便秘になりやすいので、注意が必要です。